WEBコンテンツ・ホームページ内を充実させるためには?

WEBコンテンツ・ホームページ内を充実させるため

★WEBコンテンツとは

WEBコンテンツとは、画像。文章・ツールといったWEBサイトの中身を更正するパーツのことを意味します。一般的な傾向だと、WEBコンテンツはオリジナルのものが評価されやすいです。他サイトのコピーコンテンツではなく、独自の視点・観点を織りまぜて作成したWEBコンテンツをGoogle側は評価します。

★WEBコンテンツの種類

・連載パターン
1話、2話など続きになっているWEBコンテンツ。
あえて続きを読ませる構成にしてリピーターの獲得率や集客向上を狙った方法です。

・追記パターン
公開済みの記事などに関連する新しい情報を追記したWEBコンテンツ。
定期的にコンテンツを、同じページに追記することによって、ページ価値を上げる方法です。

・単発パターン
速報記事などのニュースタイプのWEBコンテンツ。
一時的に集客率を上げたい時などに有効です。

・永続パターン
昔から根付いている内容を題材に構成するWEBコンテンツ。
本当に役立つ教科書のようなガイドページを作成することによって、安定的に集客ができます。

・インタビューパターン
質問・回答を列挙したWEBコンテンツ。
ユーザーの疑問に対して専門家が回答するというような、やり取りをコンテンツに起こすため、コンテンツボリュームが確保しやすくなります。

・辞書パターン
用語集といった辞書タイプのWEBコンテンツ。
<〇〇とは?>といったように、語句の意味を解説して、定期的に追加する更新コンテンツとして運用することが出来ます。

・季節・歳時パターン
春夏秋冬・お正月・入学卒業・クリスマスといった、季節やイベントを題材としたWEBコンテンツ。
季節やイベントをうまく活用することによって、新しくコンテンツの拡充すくことができます。

・データパターン
調査結果や見解をもとに公開するWEBコンテンツ。
独自調査のグラフや数値データについて、オリジナルの視点・観点を述べることによって、価値のあるページを提供するといった方法です。

★WEBコンテンツの作成・管理・編集について

WEBコンテンツの作成、管理、編集の方法は、大きく分けて2パターンあります。

1≫独自作成
自身でサイトを作成して、定期的なページ公開・リライトを繰り返しながらWEBコンテンツの作成、管理、編集をしていくパターンです。
このパターンの最大メリットは、<広告費の削減>です。
ただ、WEBコンテンツの企画・解析・改善に至るまで、全てを自身で行わないとサイトパフォーマンス向上は困難となってしまいます。

2≫専門業者への受注
WEB制作会社やマーケティング業者などに依頼をして、サイトの作成・定期的なページの公開・リライトをお任せして、WEBコンテンツの作成、管理、編集をしていくパターンです。
こちらの最大メリットは<専門業者によって作成された質の高いWEBコンテンツ>になることです。ただ、コストによって、対策内容が変化し、限られてくることになります。

★まとめ
WEBコンテンツの作成などは、コンテンツ・リンクの質を上げて、サイトの価値を高めていきながら、SEO対策で上位を目指すことが重要となります。
オリジナリティーの高いWEBコンテンツを増やして、サイト運用をしていきましょう。

関連記事

  1. 商品ブランドサイトの目的・役割について

  2. ABテストとは?〜Webマーケティング〜

    【保存版】ABテストって意味あるの?〜Webマーケティング〜…

  3. ホームページ開設後に重要な事とは?

    ホームページ開設後に重要な事とは?

  4. 採用ブランドサイトって何?

  5. ランディングページとは

  6. seo対策

    SEO業者の選び方から失敗例と失敗しないための法則について

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

コメントするためには、 ログイン してください。