会社がホームページを作るのはなぜ?その理由に納得!

世の中の流れを知る上で必要になる”情報”。

この情報取得の方法が、だいぶ変化してきました。ひと昔前であれば、新聞やテレビが主流でしたが、近年ではもっぱらインターネットやSNSが主流となっています。

ネット時代となった今、会社にはホームページが必須と言っても過言ではありません。

会社がホームページを作る理由、それにはこんな理由がありました。

1.確かな情報を届けるため

例えば、新しい飲食店が出来た時。あなたならどうしますか?
きっと多くの人が、その飲食店の店名をインターネットで検索するでしょう。
そこでホームページを持っていなければ、行き方もわからず、メニューも分からずでせっかく興味を持ってくれた人を逃してしまうかもしれません。

ホームページとは、名刺のような存在です。この会社はこういった事業をしています、住所はここです、電話番号はこの番号です。と言ったように、確かな情報を届ける役割をしています。
一般人のみならず、BtoB(企業間取引)であれば必ず検索してくるので、あって損はないでしょう。

2.個性の魅力を伝えるため

SNSでの情報発信も現代に合っていてとても良いのですが、会社の魅力を最大限に伝えてくれるのはホームページです。
デザインやレイアウト、文体やページ数などアレンジは無限ですよね。
文章だけでは伝えきれない魅力を、ホームページでは伝えることができます。

ターゲット層に合わせて、デザインの系統を考えるといいですよ。

関連記事

  1. 商品ブランドサイトの目的・役割について

  2. WEBコンテンツ・ホームページ内を充実させるため

    WEBコンテンツ・ホームページ内を充実させるためには?

  3. ランディングページとは

  4. 採用ブランドサイトって何?

  5. ECサイトを作る為に知っておきたいこと

  6. 【企業ホームページ】更新しないと成果は得られない理由

    【企業ホームページ】更新しないと成果は得られない理由

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

コメントするためには、 ログイン してください。