初心者でも簡単に出来るホームページの作り方

未経験者でも簡単に出来るホームページの作り方

ホームぺージの作り方には「URL」となる「ドメイン名」とファイルを格納しておく「ホームページスペース」が必要です。

どちらも無料のレンタルスペースで済ますことも出来ますが通常は独自ドメインを取得して、レンタルサーバーを利用するのが一般的です。

★独自ドメインとレンタルサーバーでの作成方法

本格的にホームページを作る時には、自身で独自のドメインを取得して

有料のレンタルサーバーを利用する事をオススメします。

ドメインの取得とレンタルサーバーの契約で年間おおよそ、2000円~5000円が一般的な有料のレンタルサーバーの価格となっています。

★費用をかけない場合の作成方法

費用をかけずにホームページを作る方法もあります。

その方法とは、無料のホームページスペースを利用する方法です。

(ヤフージオシティー)や(FCウェブ)などの無料ホームページスペースがあり、

サイト上に広告が表示される用にはなりますが、完全無料ですが、無料レンタルサービスを利用する場合は、運営会社側から

提供されるドメインやサーバーを借りての作成になる為、アクセス数や広告収入が増えたとしても、実質的に個人所有のサイトになる事はありません。

料金的に関して無料レンタルの有料版でも、年間数千円程度の費用は発生するので自分でドメインなど用意してもそれほどの違いはありません。

出来るだけ自分でドメインを取得してレンタルサーバーを作成することをオススメします。

どの方法で作成するにしても、作成方法自体はそれほど変わりなく多少のHTMLとCSS の知識があれば未経験者でも

無料テンプレートをコピペして作成する事が出来ます。

ホームページソフトに関しても、無料ツールが多数公開されていますし、メモ機能などを利用すれば、特に用意する必要はないでしょう。

★作成方法の手順

実際の手順としましては、まずホームページのテーマ決めです。

それから、関連キーワードを盛り込みながらの作成をオススメします。

NO1・・・テーマ決め

NO2・・・テーマに最適なキーワードの選択

NO3・・・キーワード関連のドメイン名の取得

NO4・・・ホームページスペースを確保

NO5・・・テンプレートなどを利用して、トップページの作成

NO6・・・検索エンジンに登録したり、関連サイトリンクをはる

NO7・・・ページ数を増やして、ボリュームアップ

NO8・・・SEO対策や、リスティング広告などでアクセス増!!

NO9・・・アクセス解析で、コンテンツ修正で最適化

上記1~9を繰り返し行う

パソコン上でサイトを全て完成させてからアップデートを1度にする方法もありますが、Index、HTMLページを作成してトップページだけでも公開を先にしておいて作成ページを都度公開していく方法が最も効率的といえます。

特に新規で取得したドメインの場合は、検索エンジンでヒットしだすまでにある程度の時間がかかる為、まずトップページだけでも公開して時間をかけて定期的に更新していくといいでしょう。

★ブログとホームぺージの違いとは?

ブログの作成はホームページを作成する場合と比べて、無料ブログで作成する方が

簡単です。また、ページ間の内部リンクが自動的に構成されるので更新作業に関しても、とても楽になります。

パソコン初心者の方は特に、ブログの作成方法や、カスタマイズ方法をいろいろしているうちに自然とHTMLやCSS、またはSEO対策などの知識が深まり、ホームページの作成がより簡単に思えるはずなのでまずはブログサイトの作成から初めてみるのも1つの方法と言えます。

ホームページの場合、テンプレートなどを使用するとしても、基本的にHTMI タグ、CSSを使っての作成となりますし、新ページの追加も手間がかかります。

それによって更新が難しく、サイトのボリュームを増やしにくいです。

ですが、少ページ間での関連性を保ってまとまりのある、綿密な構成サイトを作成するという面では、その日の気分によって

書きたいことを書き連ねる日記形式のブログよりも検索エンジン対策上のメリットが多いといえます。

特にビックキーワードでの傾向を見ると、ブログ形式で検索エンジンに上位表示されているケースがほとんどで、好きなキーワードでピンポイントに上位表示を狙う場合、ホームページでコンパクトに作成するのが最も適しているといえるでしょう。

関連記事

  1. <2019年>ドメインの取得方法

  2. 〜会社ホームページ作成するにあたってのメリット・デメリット〜…

  3. コーポレートサイトを作成するにあたって

  4. CSSとは??

    CSSとは??

  5. サイト構成についての考え方

  6. ホームページリニューアルの進め方から改善点

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

コメントするためには、 ログイン してください。