商品ブランドサイトの目的・役割について

~ブランドサイトについての目的・その役割~

現在、WEB上にブランドサイトはたくさんありますが、その中で数多くのブランドサイトが、明確な目的を持たずに単に広告の延長線として商品に対する詳細情報やデザイン、コンテンツを通じてブランドイメージを表すだけのサイトになってしまっています。しかしそれだけでは、具体的なブランドの課題に応えられずに確実な存在意義を示すことは出来ないでしょう。

ブランドサイトの本来の目的は、ブランドから購入に至るまで、ユーザーが体験すべきことを、より効率的に実現するこです。ただ、それぞれブランドによって、個別のマーケティング課題というものが存在し、優先すべき事柄も異なってくる為、全てのブランドに当てはまる成功法はありません。ブランドサイトとは、それぞれのブランドが抱える課題の解決に向けて入念な設計が必要であり、その課題が明確なものでなければ役割を持つことが出来ません。

多くのブランドサイトは初めの段階で、その役割が不確かなまま設計に進めてしまっています。ブランドサイトを設計する際は、成果の測定と改善を可能にする為に達成すべき多数のブランドアクションと数値目標を考える必要があります。

ここでは、ブランドアクションに考えられるバリエーションを紹介します。

 

ブランドアクション~その1~ブランド認識体験

需要があり、特定のブランドをよく知らないユーザーは製品カテゴリから検索するケースが多いといわれます。これらのユーザーとブランドサイトを接触させることで、ブランドを認識させることが出来ます。ブランドの認識を高めたい場合に、製品カテゴリーなどブランド名そ含まないキーワードからの検索数などをKPIにすることが出来ます。

ブランドアクション~その2~ブランドベネフィットを理解する

ブランド名は認識していても正確に理解が出来ていないユーザーにはブランドのベネフィットを伝える必要があります。ブランドに対しての理解を高めたい場合、ブランド名の検索などから発生した、ブランド理解を深めるコンテンツの閲覧数をKPIとすることが可能です。また、情報を見せる、読ませるだけでなく、問いかけに答えさせるほうが理解を獲得しやすい場合が多いといえます。例えばこの場合だと、簡単なクイズや、アンケート、応募条件を含んだキャンペーンなどが最も効果的といえます。

ブランドアクション~その3~ブランドの優位性

ブランドが提供しているベネフィットを信頼しても、他のブランドを選ぶユーザーも少なくはありません。そのような時に必要なのは、ブランドの優位性を実感してもらうことです。例えば、第三者機関からの認定や表彰などの情報を記載したり、ユーザー投票から獲得いたものをブランドサイトや、商品のパッケージなどに記載する事で、より多くの消費者に優位性を感じてもらえるでしょう。

ブランドアクション~その4~ブランドに対しての信頼

ブランドが提供しているベネフィットにいくら適切性を感じていたとしてもブランドじたいを信頼していいユーザーには安心できて、購入したいと思えるような情報に導く必要があります。ブランド名検索や商品情報ページからレビューなどのコンテンツ閲覧数をKPIすることが可能です。

ブランドアクション~5~ブランドに対してのローヤルティーの向上

ブランドから購入してくれたユーザーには、ベネフィットを実感し、共有できる場を提供してローヤルティーを向上させることが出来ます。やり方によって、KPIは異なりますが、体験したことを写真などにコメントを付けて投稿してもらうことが最も効果的といえます。

~まとめ~

ブランド自体が抱える課題の特定によって、ブランドサイトは役割を得られることが出来ます。それにより、そのパフォーマンスを改善することが出来ます。ブランドサイトを正しく活用するということは、効果的であるだけでなく、コスト面でも効率的になります。もしこれからブランドサイトの制作を検討しているのであれば、まずはブランドに対しての課題を正確に理解するところから始めていきましょう。

関連記事

  1. 採用ブランドサイトって何?

  2. ABテストとは?〜Webマーケティング〜

    【保存版】ABテストって意味あるの?〜Webマーケティング〜…

  3. 【企業ホームページ】更新しないと成果は得られない理由

    【企業ホームページ】更新しないと成果は得られない理由

  4. ECサイトを作る為に知っておきたいこと

  5. ホームページリニューアルの進め方から改善点

  6. ランディングページとは

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

コメントするためには、 ログイン してください。